にこ淵の美しさを守りたい!

私たち「TIいのしよ!」は3人で活動しています。

私たちは実際にいの町の有名な観光地へ訪れました。

そして、自然の壮大さに魅了され、いの町のことが気になり始めました。

そこで、いの町の課題を考え、自然を守り、地域発展になるアイデアを探しています。

いの町を知らなかった人などに見てもらい興味を持ってくれればうれしいです!

いの町の自然を守る

にこ淵って何?

にこ淵は、高知県吾川郡いの町の山間部にある有名な観光所です。

県外や海外の人たちも訪れる観光スポットで

にこ淵は、両岸を山々に守られている川。

その色は青くて神秘的だったので仁淀ブルー(にこ淵)と言われています。

どんな場所?

にこ淵 | いの町観光協会

にこ淵は高知県吾川郡いの町清水上分にあり仁淀ブルーと言われています。

底が見えるほどの透明度ですごくきれいです。

しかし、階段が急で段差が高く、大人でも筋肉痛になるほど急であります。

そのほかにも階段の前に坂があり、山の中なので滑ったり転んだりして人にぶつかったりして危険です。

なので、小さいお子さんなどがいるご家族は注意して観光してください。

そして、階段や川岸が狭く3密になるので、12~13時頃がピークを迎えるので早くいけば混雑せずににこ淵を楽しめます。

2011年、日本一の清流となった仁淀川は、日本の原風景とともにあります。

〒781-2511 高知県吾川郡いの町清水上分1278

観光公害で起きること

もし、いの町の様々な観光地やイベントで有名になれば観光客も多く来ます。

そこで、心配ごととして考えられるのは、観光客のマナー低下によるゴミのポイ捨てやそれによって川が汚れます。

観光客が混雑し、場合によっては地域の人に家に侵入するなどプライバシー侵害も考えられるし、

犯罪も起こりやすくなってしまうのではないかと心配しています。

いの町の問題点

  1. 過疎化が進み、若者が減り高齢者が増加しているので文化がなくなる可能性がある。
  2. 道路整備が進まないので、車やバスの種類が限られ、いけない人もいる。
  3. 地域の人の生活を支えなければその地域での生活が安定しない場所もある。
  4. 自然や観光地を整備する人が必要である。
  5. 害虫や蛇・毒蛇などの安全確保が必要である。

問題解決のためには

  1. マナー向上のために規制(ゴミのポイ捨て禁止・タバコ禁止(喫煙所を設ける)を強く設ける。
  2. 駐車場やにこ淵のところに警備員を配置してもらう。
  3. にこ淵などに行くときは道路や道が狭く、渋滞などが起きやすいのでもう少し広くするか、案内人を設ける。
  4. にこ淵の階段は、障がい者や高齢者にはすごく危険な道のりになっているので安全な道を作る。

まとめ(いの町に自然を満喫するためのルール)

いの町の山や川の写真を撮ったり自然を楽しむこと

規則を守り人に迷惑をかけないこと

にこ淵はすごくきれいなので、まだ来ていない人は是非見に来てください!

この記事を書いた人

TI.いのしよ!

・TIとはTo interactの略で交流の意であり、交流しながら協力し頑張りたいと思います。
・いのしよ!は伊野商業生がこうしよ!というホームページの「こう」を取って、伊野商業の「いの」を入れて作りました。