グリーンパークほどのでいの町星空フェスをしたい

いの町星空フェスとは?

いの町は、高知県で一番面積が広い町です。今回、そのいの町にある「グリーンパークほどの」で、星空を見ながら音楽ライブを楽しむという企画を考えました。今から、企画した理由とその内容を詳しく説明します。

私たちは「いの町活性化」をテーマに、よりよい町にするためのアイデアを考えました。

いの町の魅力に土佐和紙、仁淀川、にこ淵、大黒様、鯉流しなどがあり、反対に問題点は人口減少、少子高齢化、核家族などがあげられます。

いの町の人口を増やすには、いの町がより住みやすい街へと進化する必要があります。

いの町の人口減少問題を解決するために

そのためには、いの町を住みよい町にするために商業施設や公共交通網を発達させることが必要です。ですが、そのための資金がないのです。この問題を解決するために、

「いの町で大規模なフェスを開催しよう!」をテーマに企画しました。              

大きなフェスを開催する 

全国規模で活躍している音楽アーティストに来てもらい野外フェスを開催します。そのための資金を、クラウドファンティングで集め、フェスの広告をYoutubeで配信します。

今も昔も、歌は多くの人の心を動かす力があり、特に若者に人気のアーティストは若者を引っ張っているパイオニアといえるから多くの若者がやって来ることが予想できます。

都会に住む一つの要因として、都会のほうが商業施設や交通機関などの発達もあり、「住みやすい」というのが一つあると思う。だが、フェスを行うことにより少しでも楽しみや見どころを地元に増やすことで、都会へ移住する人を減らし、人口減少をストップさせることができると考える。そして、こういったイベントは継続することが大切です。集まった資金収益にもよりますが来年はまた別の企画を継続して行っていくようにします。

なぜ音楽フェスなのか

フェスなどの気分が上がる場所は、財布のひもが緩くなり、儲かること請け合いなので、短期間で成果が出ると思われます。

その根拠は、アーティストの方々をたくさん呼ぶことによって、多くのファンの人たちを集めることができるから。

いの町星空フェスの場所・内容

開催地は、いの町の「グリーンパークほどの」です。会場となる「グリーンパークほどの」の近くには、にこ淵があります。にこ淵は、全国から観光客が訪れるとても人気のある観光スポットです。ですから会場に向かう途中の道のりも退屈にはならないでしょう。そして、グリーンパークほどのでは夜、「満天の星空」を眺めることができます。

ターゲットは、中・高校生や大学生などの若年層

若者に人気があるアーティストにきてもらいます。

フェスではいの町の食べ物としてキビ街道のゆでキビや高知アイス、うどんなどを売り、少しでもいの町の食べ物の美味しさを知ってもらえればと思います。

このライブによって得た資金で商業施設や交通網の発展に生かすことができれば、いの町に住みたいと思う人が増えるでしょう。そうすればいの町の人口減少問題の解決にもつながります。

上記のようなアイデアを私たちは提案します。

この記事を書いた人

TEAM¥one

私たちのチームは一人ひとりが個性を出して作業を進めてきました。
仲の良さを生かして口論しながら考えました。
チーム名の由来は、「一から自分たちで考える」という意味です。